Profile

Join date: Apr 16, 2022

About
0 Like Received
0 Comment Received
0 Best Answer

放送 >> https://cutt.ly/HFZnUwj

放送 >> https://cutt.ly/HFZnUwj

観桜会開催中の高田城址公園内に立つ調査木のソメイヨシノが2022年4月7日、開花した。昨年より9日、平年より1日遅い。開花の遅れから観桜会の会期が1週間延長されていたため、待望の開花宣言となった。

「第97回高田城址公園観桜会」を主催する上越観光コンベンション協会と、桜の保全や観察などに取り組む環境ボランティア団体「エコ・グリーン」(鈴木敏男代表)が、公園内忠霊塔前に立つ樹齢約100年の調査木を対象に調査しており、5、6輪以上の花が咲いていることが開花の目安となっている。

この日は同市高田で午後4時29分に最高気温18.5度を記録するなど、4月中旬並みの暖かな陽気となった。午後1時半の調査で花が10輪以上確認されたため開花宣言された。

前日の6日は19度まで気温が上昇し、調査木のつぼみの先からはわずかに白い花びらがのぞいていた。鈴木代表(68)によると「昨日の段階で咲く条件は整っていた。花を長く楽しめるよう、ゆっくりと咲いていってほしい。天候が良ければ、今週末には満開になるでは」と話している。

観桜会は過去3年間、曜日にかかわらず毎年4月1日からに会期が固定されていたが、近年開花日が早い傾向にあったことから、今年は初の3月中に開幕。会期は当初4月10日までだったが、開花状況を考慮して17日まで延長された。

同協会の南博幸常務理事兼事務局長(64)は「1日でも早く咲いてもらいたい思いだったので良かった」と安堵の表情を浮かべ、「感染マナーを守りながら桜を見て、食事も楽しんでもらえれば」と話した。

長野市で障害者の水泳大会が開かれました。新型コロナの影響で、参加を県内選手に限定しての実施です。

スタートかレース前選手紹介長野市の県障がい者福祉センターで開かれた水泳大会には小学生から50代までの35人が参加しました。

当初は県内外の選手100人ほどが参加する「競技会」の開催を予定していました。

しかし、新型コロナが収まりをみせないことから、参加を県内選手に限定した「記録会」という形での実施に変更しました。

2年続けての開催となった記録会は18種目が実施され、参加者が日頃の練習を成果を披露しました。

2月6日に行われる「第70回別府大分毎日マラソン」が、「JMC(ジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ)」の「第1期」の男子第3戦のレースとなる。

本来は21年が「第70回大会」だったが、コロナのため延期され今回が「第70回」となった。なお、当初は4000人以上が参加しての開催予定だったが、コロナ感染者の増大のため、2時間30分以内(232人)と大分県在住者の計543人に規模を縮小して行われる

招待選手と主な一般参加選手は、以下の通りだ

招待選手の8人はいずれも「サブ10」ランナーで、レースの中心になることは間違いない。

が、一般参加選手にも「期待」がかかる選手がたくさん揃っている。

以下に紹介する通り、別府大分では過去に「初マラソン日本最高記録」や「最年少・サブ10」など若手による好記録がたくさん生まれている。

91年東京世界選手権で金メダリストとなった谷口浩美(旭化成)のマラソンデビュー戦も85年(第34回)の別大(優勝)だ。

98年(第47回)には地元・大分出身の清水昭(杵築東芝)が2時間09分11秒で制したが、当時21歳5カ月と1日。91年の森下の23歳4カ月29日より2歳若く、この時点での「史上最年少日本人サブ10ランナー」となった。

「No.251」以下の選手の多くは今回が「初マラソン」のようだが、1万m27分台やハーフ60〜61分台の走力で初の「42.195km」に挑戦する。

21年2月28日のびわ湖の前までの「初マラソン日本最高記録」は、現在、中大の駅伝監督である藤原正和が中大卒業間際の2003年3月2日のびわ湖で3位になった時にマークした2時間08分12秒だった。しかし、びわ湖では、作田将希(JR東日本)が2時間07分42秒(14位)で18年ぶりに更新。足羽純実(Honda)も2時間07分54秒(15位)、さらには山下一貴(三菱重工)も2時間08分10秒(18位)で続き、いずれも18年前の藤原の記録を上回った。

「初マラソン日本最高記録保持者」となった作田のびわ湖の前までのベストは、10000m28分21秒50、ハーフ62分28秒だった。1万mの4.503倍、ハーフの2.044倍のタイムで42.195kmを走った計算になる。この倍率は、マラソンをメインとする歴代の上位選手のそれと比較しても非常に小さな数字だ。逆にいうと、マラソンの記録からすると作田は1万mやハーフでもっとタイムを縮められるのかもしれない。

判明している限りのデータではあるが74年(第23回)服部誠(東農大)の2時間13分40秒0(2位)、75年(第24回)小沢欽一(神戸製鋼)の2時間13分10秒4(優勝)、90年(第39回)米重修一(旭化成)の2時間12分00秒(2位)、91年(第40回)森下広一(旭化成)の2時間08分53秒(優勝)は当時の「初マラソン日本最高記録」だった。森下のタイムはその時点での「初マラソン世界歴代2位(歴代1位は2.08.44.)」で、翌92年のバルセロナ五輪では銀メダルを獲得した。


あとは、7年前の2015年の記録ではあるが5000m13分12秒63、10000m27分29秒74で今回の出場者中最速のトラックの記録を持つ鎧坂哲哉(旭化成)が自身2回目のマラソンでどんな走りをするかにも注目だ。21年11月末にも1万mを27分41秒78で走っていて、そのスピードは7年前と遜色ない。

初マラソンは18年10月のメルボルンでの2時間24分40秒で7位。前半は先頭集団にいたが、30km過ぎから大きく失速してしまいほろ苦いマラソンデビュー戦となった。

19年と20年の東京マラソンはいずれもペースメーカーでの出場。

4年ぶりとなる今回のマラソンで“3度目”ならぬ“2度目の正直”がなるかである。

日本歴代の上位選手の平均値では、1万mの4.55倍前後、ハーフの2.07倍前後で走っている。

これから計算すると、その選手のマラソンへの適正や、しっかりとした「マラソントレーニング」ができたかにもよるが、1万m28分00秒の選手ならば2時間07分24秒、ハーフ61分00秒の選手ならば2時間06分17秒で走れる計算になる。

机上の計算通りにいかないのがマラソンの難しいところではあろうが、今回の初マラソン組の1万mやハーフの持ち記録からすると、2時間07分42秒を破る「初マラソン日本最高」が誕生するかもしれない。

以下は、「初マラソン日本歴代10傑」だ

もうひとつの注目は、青学大勢である。

箱根駅伝で2位に10分以上の大差をつける大会新記録で圧勝したが、その主力となった選手もエントリーしている。

2区・近藤幸太郎(3年/区間7位。1万m28分10秒50・63分42秒)、4区・飯田貴之(4年/区間3位。28分30秒30・63分10秒)が優勝メンバー。そして、箱根本番には出走しなかったが、16人のメンバーに登録されていた宮坂大器(3年/1万m28分34秒23・ハーフ62分26秒)、西久保遼(3年/28分21秒39・62分30秒)、横田俊吾(3年/1万m28分57秒28・65分21秒/出雲大学駅伝6区・区間3位)の計5人が出場予定。当然、全員が初マラソン。

大学生は4年生の卒業間際に「初マラソン」に挑戦することが多いが、今回の青学大は3年生の4人がエントリーした。

学生記録は、上述の藤原の2時間08分12秒。青学大記録は、その時点での初マラソン歴代2位で現在も学生歴代2位である2時間08分30秒(吉田祐也/20年・別大3位)。こちらの更新にも期待がかかる。

@!Marathon@!~ 長野マラソン ライブ 2022

More actions